コスモスがもっと好きになった。

 

8月の終わりころ、札幌の街をドライブ中に、街路樹の側に咲いたコスモスが目に入ってきた。
去年の秋に、コスモス柄を書く予定はないんですか?とお客様が言ってくださったのを思い出した。

「そうだ、秋はコスモスを描かなきゃ」

家に帰った後お義母さんにその話をしたら、近所にコスモスがたくさん咲いている場所を教えてくれた。

早速私もその場所へ行き、いろんな角度でパシャり。

コスモスをよーく観察すると、花びらに縦筋が入り一色ではないのがなんとも美しい。
この白いコスモスは、真ん中に向かってチークのような薄ピンク色をしている。
グラデーションがとても上品で、ずーっと眺めたくなる。

日差しが気持ちよく、風に揺られている様子はいい眺めだけれど、撮影のためには止まっていて欲しいので、風が吹くとそっぽを向かれてしまって一苦労。

楽しいコスモスとのふれあいは10分で終わるつもりだったのが、気がついたら1時間過ぎていた。

 

 

 

 

9月に入り、本格的にコスモス柄の製作に取り掛かった。

 

花びらの縦筋、少しギザギザした部分を大事に。

あのチークのようなグラデーションはどうしたら綺麗に表現できるかな。

ステキな仕上がりになる予感にワクワクする。

試行錯誤しながら書き上げたコスモスを一本ずつ重ねて花束をつくる。

少しうねった茎を上に上にと長く伸ばすコスモスの、のびのびとした様子が現れて、嬉しくなった。

撮影中に長い茎が風に揺れてそっぽ向いたりこっちを向いたりするコスモス達の様子を思い出した。
不思議と暖かい気持ちになり、口元が緩んでしまう。

私はコスモスがもっと好きになった。

 

 

 

花柄いっぱいのHanayukiのスマホケースは、こちらから購入できます

minne

Creema

BOOTH